TEL 0564-21-2132
  • お問い合わせ
  • インスタグラム
  • Facebook

ブログ

株式会社中日設計事務所 > ブログ > 気密測定

気密測定

建築中のI様邸にて気密測定を行いました♪

気密測定では相当隙間面積(C値)を測定します。

C値とは延床面積あたりの隙間量(cm2/m2)のことで

家中でどれくらいの隙間があるのかを示す数値です。

気密測定は、換気口など計画的にあけた穴を全部ふさぎ、

室内の空気を送風機で強制的に外に排出し、室内を負圧にします。

この時に生じる気圧差と風量でC値を算出します。

気密測定機を窓にセッティングし、窓や玄関などの開口部を閉めます。

本体と接続し測定スタート!!

結果は・・・

I様邸の相当隙間面積C値は0.4cm2/m2でした!!

FPの家のC値の平均が0.48cm2/m2ということなのでバッチリですね(*^_^*)

下のグラフもポイントが大幅にずれている箇所もなく

測定が問題なく行われていることがわかります。

(風が強い日はその影響を受けてポイントがずれます)

FPの家はこの気密工事を1棟1棟行っています。



このエントリーをはてなブックマークに追加
カーサデオリーブ
FPの家 公式サイト
THE WOW

株式会社中日設計事務所
〒444-0066 愛知県岡崎市広幡町3−5
TEL 0564-21-2132 
FAX 0564-21-2003
定休日:木・日・祝


Copyright(C) Chunichi Architect Office