TEL 0564-21-2132
  • お問い合わせ
  • インスタグラム
  • Facebook

ブログ

株式会社中日設計事務所 > ブログ > 鍋と結露

鍋と結露

寒い季節になると食べたくなる美味しいもの・・・

です

今週は特に冷え込むそうなので鍋を食べる家庭も多いのではないでしょうか?

 

ところで

鍋を食べている間、閉まっているカーテンの隙間から

窓を見たことはありますか?

水滴でびっしょり濡れていてビックリしたことありませんか?

結露です。

結露は部屋の中の暖かい空気が冷たい窓などに触れることでおこりますが

鍋を食べると部屋の中の水蒸気の量が増え、より結露しやすくなります。

結露はカビやダニなどのアレルゲンの発生を引き起こしたり

家を傷める原因にもなるので出来る限り避けたい現象です。

特に窓のフレームがアルミの場合、金属は熱を通しやすいので

結露しやすくなります。

結露を防ぐためには一定の換気が必要になってきますが、少し寒いです。

 

窓のフレームが熱を通しにくい素材になると少し違います。

樹脂はアルミの1000倍熱が伝わりにくい素材です。

FPの家はこの樹脂サッシを採用しています。

先日、我が家でも鍋のときに結露が気になったのでカーテンを開けてみると

全く結露していませんでした。

樹脂サッシすごいです

24時間換気は回っていますが寒さは感じません

 



このエントリーをはてなブックマークに追加
FPの家 公式サイト

株式会社中日設計事務所
〒444-0066 愛知県岡崎市広幡町3−5
TEL 0564-21-2132 
FAX 0564-21-2003
定休日:木・日・祝


Copyright(C) Chunichi Architect Office