TEL 0564-21-2132
  • お問い合わせ
  • インスタグラム
  • Facebook

ブログ

株式会社中日設計事務所 > ブログ > 窓の断熱性能

窓の断熱性能

新事務所への引っ越しが間近となりました。

3階から1階への引っ越しで改めて感じるのは暑さの違い。

旧事務所は3階で太陽に近い上に天井に断熱材もなく今日もエアコン無しでは

過ごせないくらい暑いです。

新事務所は床、壁、天井に断熱材が入っていることもあって

エアコンがなくても十分涼しい。

しかし新事務所にも暑い場所があります。玄関です。

倉庫のリノベーションである新事務所の躯体、窓は既存のままであるため

ガラス面の大きい玄関は断熱区画外としました。

玄関は北側ですが窓に近づくと熱を感じます。

建物の熱の多くは窓から入ってきます。

窓ガラスは断熱材に比べれば断熱性能は格段に落ちるからです。

建物の断熱効率をよりよくするためには窓は小さいほうがよく

窓を多く取りたい場合は

東西面の窓は極力減らす。

軒を深くする。

庇をつける。

などを考慮しながら窓を考える必要があります。



このエントリーをはてなブックマークに追加
カーサデオリーブ
FPの家 公式サイト
THE WOW

株式会社中日設計事務所
〒444-0066 愛知県岡崎市広幡町3−5
TEL 0564-21-2132 
FAX 0564-21-2003
定休日:木・日・祝


Copyright(C) Chunichi Architect Office